結婚式場の一つとして情報収集をすることが大事

花嫁と花婿

気軽に和を取り入れたい

神前式

チャペルでの挙式も人気

本格的な日本風の挙式というと、神社の神殿などで執り行う神前式となります。伝統ある神社で行う場合や、神殿を設けたホテルなどで行う場合もあり、キリスト教の教会式代わって人気となっています。けれども、そこまで本格的に取り入れるのではなく、もっと気軽に「和」を取り入れたいという人には和婚というものがあります。最近は結婚の年齢も上がっており、肌の露出の多い教会でのウエディングドレスではなく、落ち着いた雰囲気を味わえる和装を好む女性も増えています。しかし格式高い神前挙式では、正装である白無垢と角隠しといった装いでしか式を挙げられない場合もあります。和婚は、和装を身にまとうといった装いでありながら、華やかな色打掛や落ち着いた黒打掛に洋髪といったスタイルで行うことも可能です。披露宴の会場で、来賓の前で結婚の誓いを立てる人前式スタイルを選択することもできます。また、少し変わった和婚では、会場はチャペルを利用し、衣装を白無垢や袴などの和装に代えるといった挙式もあります。こうすることで、通常の神前式では親族のみの列席に限られる挙式が、友人たちも招いての人前挙式になり、光あふれる明るいチャペル内で祝福を受けることも可能になるのです。日本の伝統を上手く取り入れた和婚は、年配の列席者にも好評で、大人な女性を美しく見せることができる挙式と喜ばれているのです。また、和婚を取り入れることで、引き出物や料理にも和を織り交ぜることも可能になり、より印象に残る挙式や披露宴を行えるというメリットもあります。