結婚式場の一つとして情報収集をすることが大事

花嫁と花婿

日本伝統の式

神前式

最近、日本の伝統が見直されるようになり、結婚式でも神社挙式が人気です。神社挙式、つまり神前式は、伝統的な結婚は家と家とを結び付けるものという考え方に基づいた結婚スタイルです。二人の絆とともに、両家の絆を結び付ける儀式が式次第に盛り込まれているのが特徴です。儀式に新郎新婦だけでなく、両家の親族も参加します。家族に感謝を伝え、新しく家族となる人々を大切にしたいという考え方は、まさに日本人的なものです。また、同じ神に誓うスタイルでも、キリスト教式のチャペル・教会挙式より神社挙式の方が、神様の前で結婚するという意識を持ちやすい日本人が多いのも事実です。神社挙式は、日本人の心に寄り添いやすい結婚式なのです。神社挙式の際の衣装は、和装がほとんどです。男性は五つ紋付き袴、女性は白無垢・色打掛・引き振袖のどれかから選ぶのが一般的です。ただ、現代風にアレンジした和装もありますし、洋装可の神社もありますので、服装に関してはある程度自由と考えて構いません。重要なのは、あくまで神前であるということを忘れないこと、両家親族に不快感を与えないことです。相手を思いやり、体面や礼儀を大切にするのも日本の伝統的な心遣いです。その点を考慮し、失礼のないように選べば問題ないでしょう。結婚式は、神聖な儀式です。神社で神前式として行うことによって、さらにその意識は当事者や参列者の中に強く刻まれます。神社挙式は、伝統と感謝を大切にする日本人らしい結婚式のスタイルなのです。